読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままレシピとシンプルライフ。

面倒くさがりで外食派だったプチ汚部屋人が、健康で文化的な最低限度の生活を取り戻していくブログ。自炊しようかな、から始まり、ミニマリストまではいかなくていいけどシンプルに暮らしたいと思い始めたところ。

【パスタ】生クリームは使わない。粉チーズとベーコンと卵黄だけの濃厚カルボナーラ

ちょいむずレシピ。でも美味い。

調理時間

10分

材料

  • パスタ 100g
  • ブロックベーコン
  • 粉チーズ(ソース用) 大さじ2
  • 卵黄 1個分
  • 粉チーズ(トッピング用) 大さじ1

調味料

  • サラダ油 大さじ2
  • 鶏がらスープ顆粒 小さじ1/2
  • 粗挽きブラックペッパー お好みで

作り方

  1. 鍋にお湯を沸かす。ベーコンは1cm角の拍子切りにしておく。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、ベーコンを弱火~中火で脂が出るまでじっくり炒める。
  3. 脂が出たら水を100ccほど入れ、鶏ガラスープ顆粒で薄めに味付け。ブラックペッパーをたっぷり振って中火で少し煮込む。
  4. この辺でパスタを茹で始める。タイマーを茹で時間でセット。
  5. 茹であがり1分30秒前になったら、パスタをフライパンに移し、粉チーズを入れ、よく混ぜて馴染ませる。火は中火のまま。最初はチーズがダマになるけど、あわてず騒がず、タイマーが鳴るまでフライパンを振り、箸で混ぜ続ける。混ぜにくかったら少し茹で汁を投入。
  6. タイマーが鳴る頃にはチーズのダマも消える(はず)なので、火を止めて卵黄を加え、手早く混ぜる。卵黄がうまくのびない場合は茹で汁を少し加えれば大丈夫。火を止めていれば、卵黄が固まってしまうこともそうそうないかと。
  7. お皿に移し、粉チーズとブラックペッパーを振ったら完成。

f:id:naganegi222:20170426040552j:plain

時間との勝負になります。パスタを茹でる時は、素早くフライパンに移せるよう、ザル付きの鍋を使うといいと思います。茹で汁も最後に使ったりするので、ザルにあける方式じゃない方がいいかと。私の場合は、片手鍋で茹でて、時間になったらフライパンの上で麺を直接菜箸で移しちゃいます。

チーズのダマが消えない場合は、「熱し」と「混ぜ」が足りない可能性大です。チーズはスープに溶け込ませるのではなく、溶かしながらパスタやベーコンにコーティングしていく感覚で混ぜていきます。多少タイマーの時間を超えてしまっても、よく混ぜて馴染ませた方がおいしいです。最悪パスタがちょっと伸びるだけなので、あまり気にしない。 

生クリーム不使用なので、チーズの味がギュッと濃縮されて、チーズ好きにはたまらない味。ぜひお試しあれ。