読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままレシピとシンプルライフ。

面倒くさがりで外食派だったプチ汚部屋人が、健康で文化的な最低限度の生活を取り戻していくブログ。自炊しようかな、から始まり、ミニマリストまではいかなくていいけどシンプルに暮らしたいと思い始めたところ。

手荒れを早く治し、ハンドケアを習慣にしたい

シンプルライフ

今までにないくらいハードに掃除をし続けたせいで、
先日右手の親指があかぎれになった。
掃除のせいというか、ハンドケアに無頓着だったせいなんだけど、
とにかくもう指先痛いと何にもやる気出ない。

 

手荒れは今後の生活水準維持の大きな障害になりうると実感したので、
この冬のうちにしっかり対策を整えることにした。

 

・今の手荒れを速やかに治す
・再発を防ぐ

 

課題はこの2点だ。

 

まず、手荒れを治すために、悪化しないよう
傷への刺激をシャットアウトする必要がある。
買ってきたのは以下の5つ。
・ユースキンA軟膏(治療薬)
・アトリックス エクストラプロテクション(カバー用)
・ゴムの指サック(仕事中の指先保護用)
・綿手袋(家・就寝時の保護用)
・ゴム手袋(がっつり掃除時の保護用)

 

仕事中は、まず薬用効果の高そうなユースキンAを塗って、
上からアトリックスを重ね塗りして密封カバー。
そして汚れや刺激ガードに指サックを装着。

 

本当はゴムサックは蒸れてよくないらしい。
角質が蒸れると余計乾燥してしまうとか何とか。
でも、仕事中は指先が埃などで相当汚れるし、
エタノールも使うので、本当は普段からゴム手袋でもしたいところ。
しかし接客もするので手袋は無理、ということで
今は傷のある指先だけでも死守したいとゴムサックを採用した。
ゴムサックなら滑り止めの体裁で着けていられる。
まめに外して蒸れに注意しておく。

 

家では、水仕事や掃除の際はしっかりゴム手袋をして
極力水に触れないようにする。
今までは使い捨てのポリエチレン手袋を使っていたけど、
短いので水も入りやすいし、脱げやすいし、薄いので破れやすいしで
気休め程度にしかなっていなかった。
実際、掃除中に破れたり上から水が入ったりでびしょびしょになり、
途中でもういいやと脱いでしまうことがたびたびあった。
(多分この辺が、私の手荒れの一番の原因)

買ってきたゴム手袋は、長めで薄手の指先だけが厚くなっているタイプのもの。
Mサイズは緩そうだったのでSサイズにした。
食品や食器を扱うとき用とそれ以外の2双を購入。
料理はさすがに素手でやる。
あと、風呂上がり際の毎日の風呂掃除も素手でいいだろう。

 

寝る時はユースキンたっぷりとアトリックスを塗った上に綿手袋。
綿手袋にだいぶハンドクリームを持っていかれているような気がして、
何度か追加で塗りたくる。
途中でふと思い出して、家にあったオロナインもユースキンの上に追加。
どうせ手袋するのだからと、べったべたに塗りこんでみた。
手袋に慣れていないせいか、初日は寝てるうちに脱いでしまったらしい。
途中でハッと目が覚めて着けなおす。

これを続けてみたら、3日目にはあかぎれがほぼ完治。
表層のヒビ割れは残っているけど、
割れた底は再びくっついたか、皮膚が再生しているようで、
水が沁みたり触って痛いということはなくなりました。
かさぶたになっただけかな?まあ痛くなければそれでいいのだ。

 

次は再発を防ぐ方法。
手が汚れるなと予測できる時や強い洗剤を使うときは
ゴムサックやゴム手袋でしっかりガードする、これは続けるとして。
普段からしっかりハンドケアをするにはどうしたらいいかを考える。
で、先に薬局で買い物をしたときにちょっと気になっていたこれを買ってみた。